最初に断っておくと、以下の内容は我が家の環境で見られた評価、特徴を私が独断で記したものであり、気候や育て方、また味の受け取り方は人によって色々変わってくると思います。参考程度に考えてください。
★はオススメ度で5段階評価です。

■インディアンサマー(トゲあり・二季成り)★★
樹勢が強い
歯抜けの実が多く形が悪い
果実は小さい
着果数も控えめなので収量は少ない
甘さは中くらい
香りも普通(世間一般では香りが良い品種と言われているようだ)

■ウィラメット(トゲなし・一季成り)★★★★
果実サイズ大
硬めの果実
丸くて大きい実が生る
多雨でも味が落ちにくい
香り良し
糖度は上位勢に比べると控えめだがそこそこ美味しいと感じる
味が安定している
果実数は少ない
枝が細く支柱が必要(逆に言えば行灯仕立てにできるか?)

■オータムブリス(トゲあり・二季成り)★★★
味は普通
日照がないと不味い
果実はそこそこ大きい

■カスケードデライト/ファンタジーレッド(トゲなし・二季成り)★★★★★
夏に芽が動き出すのが遅い
果実はかなり大きい(小さいイチゴ並)
果実数は中くらい(総合して収量は多い)
味はなかなか
新芽のホコリダニ被害がひどい
樹勢はまあまあ強いようだが株が突然死するなど少し気難しい性質のように感じる
値段が高いのが玉にキズ

■キャロライン(トゲあり・二季成り)★★
暑さに弱く枯れ込み多数発生
樹勢が非常に強く、サッカー発生数が多い
赤ラズベリーのなかではトゲが激しい方
果実はかなり甘く、ポテンシャルを感じる。冷涼地域ならばもっとパフォーマンスを発揮できるか
サイズは中の下程度

■キャンバイ/キャンビー(ほぼトゲなし・一季成り)★★★★
トゲの痕跡のようなものは見えるが触るとスベスベしている
果実は小さいのがたくさんなる
酸味が少なくマイルドな味で美味しい
雨でも味があまり落ちない
樹勢はそれほど強くないか?(今年はシュートが一本しか生えなかった)

■グレンアンプル(トゲなし・一季成り)★★★★
甘みが強く美味しい
果実は丸く大きい
全体的にウィラメットと似ている(一季成り、丸くて大きい果実、安定した味、樹勢が弱い。枝が細い)
ウィラメットより甘さは上
収量は少ない
グレンプロセンよりはこちらをおすすめする

■ジョイゴールド(トゲあり・二季成り)★★★★
赤ラズベリーに比べてサッカー発生数が多い
樹勢強
枝は細めなので支柱で支えたほうがいい
果実はファールゴールドと同じ品質、大きさ(区別がつかない)
樹勢はファールゴールドより強い印象
甘さ安定
酸味ほとんどなしでマイルド。食べやすい
トゲは多いが細いのでそれほど気にならない
暑さに弱いのか枝の先端が枯れ込むことが多いが、これはイエローラズベリーの特徴らしい。
二季成りと称して売られているが我が家では秋果がならない。温度のせいだろうか

■ジョンスクエア(トゲなし・二季成り)★★★★★
暑さに弱く枝の先端の枯れ込みが多い(我が家では2時間程度しか直射日光が当たらない場所でなんとか育っている)
果実の品質が良い。甘いだけでなく独特のコクがある。この点が他の品種と一線を画している。個人的に一番好きな味だ。
過湿に弱い印象
果実は安定してそこそこ大きい。
サッカー発生数が多い。
樹勢は弱めで枝は細い

■ナンタヘーラ(トゲあり・二季成り)★★★★
サッカー発生数が非常に多い。
甘みが非常に強い
果実サイズは中くらい
暑さに弱いのか枯れ込み発生が多い
冷涼な地域ならば高いパフォーマンスを発揮しそう

■ファールゴールド(トゲあり・二季成り)★★★★
サッカー発生数が非常に多い。
果実が小さい。
酸味が少なくマイルドな味
甘み安定
樹勢強
ジョイゴールドとほぼ同じような性質。
暑さには弱いように思われる
ジョイゴールドと同じく二季成りらしいがこれも秋果が生ったことがない

■ブラックキャップ(トゲあり・一季成り)★★★
赤、黄色品種とはかなり異なる特徴を持つ。
果実は粒が小さく安定した甘さとコクがあり個人的にかなり好きな味。
実の大きさの割に種がかなり大きい(自分はプチプチ感がむしろ好き)
枝がものすごい長さになる(8号鉢で4~5m)。
硬く大きいトゲが生えており素手だと痛い。作業に厚手の手袋が必要。
樹勢強
私のところでは毎年枝の枯れ込みがひどいがこれはおそらくハダニやられているせいだと思う。だとすると適切に薬剤を使う必要がある。または暑さに弱いのか。

■ヘリテージ(トゲあり・二季成り)★★
樹勢強
暑さに比較的強い
日照が少ないと極端に味が悪くなる
甘さは弱く、今の所あまり美味しいと思える果実は収穫できていない
小粒
着果数は多い
食感がモサモサしている(個人的にこれがかなりマイナス点)。ジャムにするなら問題はない。
トゲが激しいがブラックキャップよりはマシ。軍手をすれば扱えるレベル。
ここでは低評価だが日照が十分な場所ならばポテンシャルを引き出せるのかもしれない。

■ポラナ(トゲなし・二季成り)★★★
他とは一線を画してサッカー発生数が異常に多い
小さめの果実がたくさんなる(着果数はトップクラスか)
十分な条件が揃えば収量はすごいことになるかも
枝が細い
甘さは弱い
日照がないと果実がかなり不味い。

■ルビービューティー(トゲなし・一季成り)★★
矮性品種
観賞用(オーナメンタル)なので糖度が低い
甘くはないが酸味と香りはあるので加工用には使えそう
果実はグレンアンプルと同じくらい大きい
木が大きくならないので必然的に収量も少ない

■トゥラミーン(トゲあり・一季成り)★★★★★
果実品質が優れており非常に甘い
多雨でも生食に耐えるくらい甘い
香りもよし
味が安定している

■ビンテージ(トゲあり・二季成り)★★★
甘さは十分。上の下といったところか
果実サイズは並
種のせいかザラザラした独特の口当たりをしている。(個人的にはこれが気に入らない)

■グレンプロセン(トゲなし・一季成り)★★★
果実品質はまあまあ
果実サイズはグレンアンプルより一回り小さい気がする
木自体の性質はグレンアンプルと体感的に同じ(樹勢弱、枝細い、収量少)
育てるならグレンアンプルのほうがいいと個人的には思う

IMG_20200620_085957トゥラミーン(縮小版)
今年実ったトゥラミーンの果実。
若干ボコボコしているが来年にはもっときれいな実が生るのだろうか。
ちなみにこの画像はヤフオクに出品したトゥラミーンのページにも掲載している。