ラズベリー「オータムブリス」2019年2年生の評価
【果実C】

  • あまり甘くないのがちらほら(雨除けはしているが日照時間が短いせいか?)
  • 味がのったものでもヘリテージ程度の甘さ(生食できるギリギリライン)
  • 香りはまあまあ
  • 口当たりは良い

【収量B】
  • 大きさはほとんどが2.0cm程度の大きめサイズで安定している
  • 着果数も多め

【育てやすさB】
  • 果実は雨に比較的強い(先端が少しやわらかくなる程度)
  • 樹勢は普通より少し強め
  • ホコリダニが発生しても葉が変形するだけで枯れきらない(?)(2019年の実測)

【総合B】
収量、育てやすさは優秀な品種。果実に関しては他の優良品種に比べるとかなり劣った味となる。
甘みの多寡が果実によってまちまちで、だいたい半分は味がのってない。ただし今年は梅雨の日照時間が異常に短かったのでそのせいかもしれないことには注意。来年のレビューでは違った評価になるかも。しかしそもそも収穫期が梅雨にぶつかる品種はそれだけで不利だ。オータムブリスもその憂き目を見ている。